店舗検索

  • コインランドリー経営は接客する必要がないため、仕事や家事・育児に忙しい人でも副業にできると、近年注目度が高まっています。そうなると気になるのは、コインランドリー経営で本当に採算が取れる見込みがあるのか、採算が取れる見込みを高めるためにはどうすればいいのか、といった収入面の問題です。ここではコインランドリー経営の採算性を高めるポイントや、想定できる年収のざっとした目安などをご説明します。

  • コインランドリー開業を考えるにあたって、その開業資金をどうするかというのは大きな悩みどころです。開業資金の一部もしくは全額を融資でまかないたいと考えた際に参考になるのが、すでにコインランドリー開業を果たした人たちの融資成功事例です。ここでは融資成功事例、リース成功事例を挙げた上で「融資が成功した大きな原因は何なのか」という点についても触れていきます。ぜひ参考にして下さい。

  • コインランドリーは、コインオペレーションクリーニング営業施設という法律的な正式名称がありますが、地方公共団体に申請するだけなので特別難しい許可は必要ありません。営業を始めるための国家資格なども必要がないので、極端に言うと開業したいと思えば誰でもコインランドリーを始められます。

  • コインランドリーは、人手がかからない業種として、近年副業としての人気を集めています。コインランドリーを開業するにあたっては、各自治体の保健所への開業届や、場合によっては消防車への開業届、個人事業主の副業として行うのであれば、税務署へ個人事業主としての開業届を提出する必要があります。手続きが手間だと感じた場合は、経営・運営をサポートする専門業者へ相談するのがおすすめです。

  • サラリーマンの副業として注目のコインランドリー経営。赤字を出さないためには、借入先、出店先を吟味する、店内に防犯カメラ設置や照明を明るくして女性でも入りやすくする、閑散期の売上を伸ばすためのキャンペーンを実施するといった工夫が必要です。加えて、専門業者へ管理業務を委託するというのもおすすめです。専門業者であれば、管理業務に加えて、出店の相談、収支計画などもたててくれます。

  • 近年急増しているコインランドリー開業には、失敗のリスクもつきものです。主な失敗の原因としては、顧客ニーズに合わない立地、初期費用のかけすぎ、フランチャイズ選び、競合店の存在、予想以上のランニングコストなどが挙げられます。こういった失敗は、事前にリスクを認識・分析することで、ある程度回避することができます。十分な調査や検討を行い、コインランドリーの開業・運営をスムーズに行えるよう準備しましょう。

  • コインランドリー経営には立地条件がもっとも重要です。しかし、都市部と地方で求められる条件は大きく異なります。都市部のコインランドリーに適した立地条件は、単身世帯の多い地域で、交通機関によるアクセスが充実している場所です。一方地方の場合は駐車場が広く、生活道路沿いに位置していることが条件となります。コインランドリーを開業する際には、それぞれのライフスタイルに適した立地を選び、経営を成功させましょう。

  • 生活に必要な施設のため常に需要があり、かつ無人で経営できることから、コインランドリー経営の人気が上がっています。その一方で、たとえ資金があってもコインランドリー経営に踏み出さないという意見を持つ方も少なくありません。コインランドリー経営は競争が厳しく、さらには機械の維持が大変だというイメージがあるようです。こちらでは、コインランドリー経営が失敗するときのパターンや対策方法をお伝えします。コインランドリー経営に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください

  • コインランドリーは手軽に副業として開業できるため、注目を集めています。ですが、立地条件を間違えると失敗につながってしまいます。まず地方で開業する際は、車での利用に応えるため駐車場スペースを確保するか、利用者の多い大型スーパー近隣を選びましょう。都市部で開業するのであれば、単身世帯を狙って、学生街などに出店するのが利用者獲得を見込めます。また立地条件を考える際は、どのような利用者の来客を見込むか、ターゲットを明確にしておく必要があります。