店舗検索

  • コインランドリーは、人手がかからない業種として、近年副業としての人気を集めています。コインランドリーを開業するにあたっては、各自治体の保健所への開業届や、場合によっては消防車への開業届、個人事業主の副業として行うのであれば、税務署へ個人事業主としての開業届を提出する必要があります。手続きが手間だと感じた場合は、経営・運営をサポートする専門業者へ相談するのがおすすめです。

  • サラリーマンの副業として注目のコインランドリー経営。赤字を出さないためには、借入先、出店先を吟味する、店内に防犯カメラ設置や照明を明るくして女性でも入りやすくする、閑散期の売上を伸ばすためのキャンペーンを実施するといった工夫が必要です。加えて、専門業者へ管理業務を委託するというのもおすすめです。専門業者であれば、管理業務に加えて、出店の相談、収支計画などもたててくれます。

  • 近年急増しているコインランドリー開業には、失敗のリスクもつきものです。主な失敗の原因としては、顧客ニーズに合わない立地、初期費用のかけすぎ、フランチャイズ選び、競合店の存在、予想以上のランニングコストなどが挙げられます。こういった失敗は、事前にリスクを認識・分析することで、ある程度回避することができます。十分な調査や検討を行い、コインランドリーの開業・運営をスムーズに行えるよう準備しましょう。

  • コインランドリー経営には立地条件がもっとも重要です。しかし、都市部と地方で求められる条件は大きく異なります。都市部のコインランドリーに適した立地条件は、単身世帯の多い地域で、交通機関によるアクセスが充実している場所です。一方地方の場合は駐車場が広く、生活道路沿いに位置していることが条件となります。コインランドリーを開業する際には、それぞれのライフスタイルに適した立地を選び、経営を成功させましょう。

  • 生活に必要な施設のため常に需要があり、かつ無人で経営できることから、コインランドリー経営の人気が上がっています。その一方で、たとえ資金があってもコインランドリー経営に踏み出さないという意見を持つ方も少なくありません。コインランドリー経営は競争が厳しく、さらには機械の維持が大変だというイメージがあるようです。こちらでは、コインランドリー経営が失敗するときのパターンや対策方法をお伝えします。コインランドリー経営に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください

  • コインランドリーは手軽に副業として開業できるため、注目を集めています。ですが、立地条件を間違えると失敗につながってしまいます。まず地方で開業する際は、車での利用に応えるため駐車場スペースを確保するか、利用者の多い大型スーパー近隣を選びましょう。都市部で開業するのであれば、単身世帯を狙って、学生街などに出店するのが利用者獲得を見込めます。また立地条件を考える際は、どのような利用者の来客を見込むか、ターゲットを明確にしておく必要があります。

  • コインランドリー経営は不動産経営に比べて初期費用が抑えられる上、利回りが高いところが大きなメリットです。一方でデメリットもゼロではないため、コインランドリー経営を始めるのならリスクもしっかり把握することが大切です。ここではコインランドリー経営のメリット、デメリットを説明するとともに、実際にあった失敗例も紹介。その上でコインランドリー経営を成功するために抑えておきたいポイントをまとめてみました。

  • コインランドリー経営は数ある投資商品の中でも利回りが良く、かつ需要が高まっていることから近年注目を集めています。不動産投資に比べると初期費用や投資リスクが少ないこと。また無人経営なので人件費がかさまないことなども人気の理由で、中には多店舗展開する人も少なくありません。もちろん投資商品である以上、リスクはゼロではありませんが、経営時に気を付けたいポイントを抑えておけば高利回りの不労所得を得られるでしょう。

  • 人気のコインランドリー経営""

    コインランドリーは今急成長を遂げている事業です。多少の初期投資はかかりますが、安定した収入を得やすいといった理由から、クリーニング店が参入したり、それに続いてフランチャイズでも人気を集めています。とはいえ、数あるコインランドリーの中で埋もれてしまわないためには、店内を清潔にするだけでなく、キッズスペースやWi-Fiを完備するなど、利用者を増やしリピート率を上げることが重要です。本記事で詳しくご紹介します。

  • コインランドリーを開業にする際に必要な準備とは?

    コインランドリーを開業するには独立店舗を構えるかチェーン店のフランチャイズの経営者になるかが挙げられます。フランチャイズであれば、収入が見込めるか立地・市場かどうかを調査、モデルとなる店舗を参考にした出店計画立案、店舗工事、設備導入、宣伝PRやマニュアル準備など、開業に必要な準備を一手に引き受けてくれます。また開業後のクレーム対応や開閉店準備などの煩わしい業務にも対応してくれます。