フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

受付時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/休日10:00〜19:00) 休館日:木曜

2月のお祭り (2月は何かを始めるチャンス)

この記事をツイートする

二月堂お水取り

奈良県東大寺二月堂のお水取りは修二会(しゅにえ)の中の1つの儀式で、修二会は国家や万人の為になされる宗教行事です。1250年間一度も途絶えることがなく、僧侶にとってはとても厳しい修行の1つです。3/12のお水取りはお松明の行事が有名ですが、本来行事は2月から始まっております。以下東大寺のホームページから引用します。12月16日(良弁僧正の命日)の朝、翌年の修二会を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11名の僧侶が発表され、明けて2月20日より別火(べっか)と呼ばれる前行が始まり、3月1日からの本行に備える。そして3月1日から14日まで、二七ヶ日夜(二週間)の間、二月堂において修二会の本行が勤められる


この行事が終わったらいよいよ新しい年の始まりですね。

初午(はつうま)

2月最初の午の日です。今年は2/2になります。この日は稲荷神社のお祭りで、全国各地の稲荷神社で豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願します。ちなみに全国の稲荷神社の総本山は京都の伏見稲荷大社です。伏見稲荷大社には五穀豊穣をつかさどる宇迦之御魂の命(うかのみたまのみこと)がお祭りされていることからお供えのおいなりさんは俵型のものになるそうです。そのほか地域によってはしもつかれや初午団子も食されています。初午団子は各地郷土料理の中で伝わっています。富山県の初午団子の作り方こちら


各地で伝わっている祭りやお料理は様々です。季節の行事を通して人のつながりや人々の健康を確かめ合い大切にすることが本来の目的なのでしょうか・・・

レモン祭り

世界のお祭りではどのようなものがあるのでしょう。フランスのマントンに「レモン祭り」というものがありました。このお祭りはニースのカーニバルやモナコのF1グランプリに並んで、コート・ダジュールの3大イベントのひとつです。レモンで作った巨大なモニュメントを見学したり、イルミネーションパレードなどが行われる楽しいお祭りです。この地域は一年を通して温暖なためレモンやオレンジなどの生産が盛んで色合いなど明るいイメージですね。2019年は2/16〜3/3まで。フランスに行ってみたくなりましたね。皆様!フランスへ行く機会があれば是非レモン祭りに行ってみてください。レモン祭りについて詳しくはこちら



レモンは私たちの体にもとてもありがたい食物です。レモンには「香り」と「ビタミンC」の働きによって効果をもたらします。香りの効果としては紅茶に浮かべたり、レモンケーキ、レモンアイスなどお菓子、マーマレードなどの素材として多く活用されています。またビタミンCは疲労回復、シミそばかすを防いだり、風邪の予防などに効果的です。またレモン果汁には体内から毒素を排出する働きがあり肝臓の胆汁分泌を促します。すっきりさわやかなイメージのレモンですが、いつも常備して積極的に取り入れるとといい果物ですね。りんごを切った時の色止めとしてレモン果汁をかけたり、水の中に浮かべレモン水としてどんどん取り入れましょう。

節分の時期を「ピノスライフのはじまり」にしてみませんか?

「福は内!鬼は外!」でおなじみの「節分」は季節を分ける意味があります。「立春」とも言われ春の始まり、つまり1年の始まりだと言われています。今年は2/3です。フィットネスクラブに通ってみたいと1度でも思った事がある方は、今が始めるいいチャンスです。是非ピノスにお越しください。 
物事を始めるときは「できるか?できないか?」を考えてしまいがちですが、もっと単純に「やってみるのか?やらないか?」に置き換えてださい。今年はとにかくやってみませんか。きっといいことが待っていると思いますよ。ピノスの会員様は初心者が80%です。みんな一緒の気持ちで始められていますので安心してください。「みんな同じ」なんですよ。それから長く続けることを考えて最初は「できることから」始めてください。どんどん「できること」が多くなってくるのが楽しみの一つです。今年は皆様にとってチャレンジの年になりますように・・・皆様の健康管理のお手伝いを出来たらうれしいです。 (市川)

0774-95-6000

受付時間:平日10:00〜22:30
(土曜10:00〜22:00/休日10:00〜19:00)
休館日:木曜